胃腸風邪に下痢止めは全くの効果なし?!

この記事は3分で読めます

胃腸風邪の下痢どうしたらいい?

下痢を止める方法はある?

 

 

胃腸風邪は、正式には、「感染性胃腸炎」といいます。

 

細菌やウィルスに消化管が感染して

腹痛や下痢、嘔吐が起こります。

 

症状は下痢だけ?

paint_spray_close_up_bokeh_1920x1440

 

感染する細菌やウィルスによって症状は少しずつちがいます。

しかし、

たいてい腹痛・下痢・吐き気・嘔吐(おうと)などの症状が見られます。

悪寒がしたり、発熱したりもします。

 

下痢も、細菌やウィルスによりちがいがあります

 

感染する細菌は、

サルモネラ・腸炎ビブリオ・ガンピロバクター・

病原性大腸菌(O-157,O-26,O-111他)などです

 

感染するウィルスは、

ロタウィルス・腸管アデノウィルス・ノロウィルスなどです。

 

1 、サルモネラ菌

 

サルモネラ菌に感染すると、

まず、吐き気がして

次に臍(へそ)の周りが痛みます。

 

水のような激しい下痢

または、軟便の下痢をくりかえします

38℃くらいまで発熱します。

 

2 、腸炎ビブリオ

 

腸炎ビブリオでは、

がまんできないほどの腹痛がおきます。

 

水のような、または粘液性の

激しい下痢が1日数回から十数回もおこり、

吐き気がし、嘔吐します。

37℃~38℃の熱が出ます。

 

3 、ガンピロバクター

 

ガンピロバクターでは、

発熱し、腹痛がおき、下痢をします。

血便が出ることもあります。

 

まれに、虫垂炎や腹膜炎など、

下痢以外の症状が出ることもあります。

 

4 、病原性大腸炎

病原性大腸菌に感染すると、

激しい腹痛があり、嘔吐と下痢がおきます。

多量の血便が出ることがあります。

発熱もします。

 

病原性大腸菌はベロ毒素を出すので、

血尿が出たり、痙攣(けいれん)や意識障害

起こったりすることもあります。

 

5 、ロタウイルス

 

ロタウィルスに感染すると、

激しい嘔吐とともに激しい下痢がおきます。

 

ウィルスの影響で胆汁が分泌できないので、

白い水のような便になります。

下痢は一日に何回もおきます。

微熱も出ます。

 

6、腸管アデノウィルス

 

腸管アデノウィルスの場合、

三歳未満の乳幼児

よく感染します。

 

激しい下痢ではありませんが長く続きます。

便が白またはクリーム色になることがあります。

 

7 、ノロウィルス

 

ノロウィルスに感染すると、

突然、嘔吐や下痢が起きます。

「むかむかする」程度の軽症ですんでしまう人もいますが、

発熱したり、呼吸器症状が出たりします。

 

重症になると、脱水症状が現れます。

まれに、痙攣(けいれん)や腸重積が起こることもあります。

 

乳幼児は11月から12月にかけて急に発生します。

 

 

下痢止めは使うべき?!

blue_minimalistic_red_text_grunge_purple_typography_lightning_lightning_bolts_1920x1080

 

原則として、

下痢を薬で止めることはBAD!です。

 

胃腸風邪には特効薬がありません

 

ウィルス性感染の場合、抗菌薬が効かないのです。

細菌性感染の場合は抗生物質が効くように思いますが、

腸内の善玉菌まで殺してしまうので、

むしろ、下痢がひどくなります。

 

胃腸風邪はそれぞれの症状に対して鎮めるような治療をするしかありません。

 

熱が高い時は解熱剤、

吐き気には制吐剤、という具合です。

 

下痢や腹痛に対しても、

整腸剤のビオフェルミンなどを与えるくらいです。

 

悪い物を体外に出してしまえば、いいのです。

下痢も嘔吐も悪い物を体外に出そうという働きですから、

無理に止めない方がいいのです。

 

ただし、下痢や嘔吐が続くと脱水症状になりやすいので、

気をつけます。

 

特に乳幼児は自覚症状が少なく重症になるまで、

気づかないことがあります。

 

 

脱水症状を防ぐには?

foos_drinks_water_splash_drops_liquid_ice_cubes_square_shapes_blue_contrast_color_clear_photography_cup_glass_1920x1200

 

乳幼児は身体の水分が多く、

脱水症状を起こしやすいのです。

 

胃腸風邪で下痢をしている場合

脱水症状を防ぐために水分補給が必要不可欠です。

水分とともに電解質も失われますので気をつけます。

 

口から飲んだり食べたりできれば、

湯ざましなどを少しずつ飲ませます。

 

スポーツドリンクは避けましょう

ナトリウムが低いので脱水症状の乳幼児に与えると、

水中毒になることがあります。

 

脱水症状がひどい時は経口補水液を与えます

(所ジョージさんがCMでやってるやつですね。)

 

食事も食べられれば食べてかまいません。

ただし消化のいい食べ物

うどんやおかゆなど、

少しずつ、何回にも分けて食べます。

口から水分をとれない時は入院が必要です。

 

水を飲ませると吐いたり尿が出なくなったりする時は、

すぐに入院します。

 

 

まとめ

 

 

乳幼児の胃腸風邪は重症になることがあります。

 

白い水のような下痢をしたり血便が出たりした時は、

すぐに病院に行くことです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。