休肝日はダイエット中でも必要なの? お酒は太らないのでしょ?

この記事は3分で読めます

 

ダイエットはストレスがたまりますよね。

ストレス解消にお酒を飲みたいけれど、

肝臓へかかる負担も気になります。

 

 

お酒を飲むと太るの?

Beer_Alcohol_2560x1920

 

ダイエットする時、気になるのはカロリーです。

お酒もカロリーがありますが、

エンプティカロリーといって栄養にならず、

身体にたまることなく、外に出てしまいます。

 

肝臓には解毒作用という働きがあって、

飲んだお酒をアセトアルデヒドという有害物質に変え、

さらに、水や二酸化炭素などの無害な物質に分解し、

汗や尿にして排出してしまいます。

 

ところが、肝臓には、

代謝機能栄養貯蔵という働きもあります。

 

代謝機能とは、胃や腸で分解された物を、

身体が必要とする栄養素に変える働きです。

また、余った栄養素を、グリコーゲンとして

身体が必要とするまで貯蔵します。

 

 

お酒を飲むと、肝臓は解毒作用を優先させるので、

グリコーゲンを貯蔵するという働きができなくなります。

貯蔵されないグリコーゲンは中性脂肪に変わり

内臓脂肪や皮下脂肪という体脂肪になるのです。

 

また、代謝機能が後まわしにされるので、

血糖値のコントロールもできません。

血糖値が上がらないから、満腹感がなくなります

 

お酒を飲んだ後、ラーメンが食べたくなるのは、

血糖値のせいなのです。

 

 

満腹感がないので、つい、食べ過ぎてしまいます。

「お酒は飲んでも太らない」のではなくて、

お酒を飲むと、太る」と考えた方がいいですね。

 

 

ダイエット中は断酒しなくてはいけないの?

Alcohol_jagermeister_liquor_1920x1200

 

ダイエットはストレスがたまります。

食べたい物をがまんするのですから、当然ですね。

 

ストレスをためるのは、

精神的にも身体的にも、いいことではありません。

 

 

ストレス解消にお酒を飲むのも、いいですね。

ですが、ダイエット中はお酒の飲み方に気をつけましょうね

 

まず、お酒の量を抑えましょう。

 

肝臓がアルコールを分解するには、

ビール500mlで3~4時間かかります。

なるべくゆっくり時間をかけてます。

 

日本酒なら1合、ワインなら200ml程度を目安にして、

飲むようにして下さい。

 

お酒のカロリーにも注意が必要です。

お酒のアルコールはエンプティカロリーですが、

その原料や添加物のカロリーは脂肪になります。

 

梅酒のように糖分をくわえた物、

日本酒・ワイン・ビールなどの醸造酒は、

アルコール以外のカロリーが高いのです。

 

ウィスキー・ブランデー・焼酎など蒸留酒は、

原料などのカロリーが少ないのです。

 

ただ、蒸留酒はアルコール度数が高いので、

そのまま飲むと、少量でも肝臓の負担は大きくなります。

水やお湯で薄めて飲むようにして下さいね。

 

お酒は血行をよくして、食欲を増進させますから、

おつまみなどを食べすぎないようにしてくださいね。

サラダや豆腐・枝豆、刺身など、

カロリーが低く、タンパク質の多い物がいいですね。

脂っこい物はカロリーも高く、肝臓にも負担となります。

 

 

そして、ダイエットもかねて、

1週間に2日、もしくは3日に1日、

休肝日を作るといいですよ。

 

適度な運動を組み合わせると、

ダイエット効果が、さらに上がります。

 

 

ダイエットのしすぎは、脂肪肝になる?!

women_models_whispering_1920x1080

 

ダイエットをして体重が落ち始めると、うれしくなりますね。

それで、ついダイエットに夢中になり、

無理な食事制限をすることがあります。

 

無理に食事の量を減らすと、体内のエネルギーが不足するので、

筋肉に貯蔵してあるタンパク質を

糖分に変えて使うようになります。

 

肝臓の細胞に貯蔵されている中性脂肪は、

タンパク質と結びついて、血液中に出て行きます。

タンパク質がエネルギー源に使われると、

中性脂肪は血液中に出ることができず、

肝臓に残って、脂肪肝のもととなります。

 

無理なダイエットの最中にお酒を飲めば、

肝臓の負担は増すばかりです。

 

 

まとめ:ダイエットもお酒も、ほどほどに

 

 

ダイエットは、健康のためにも美容のためにも、必要です。

お酒は、ストレス解消や血行をよくするのに役立ちます。

でも、どちらも、限度を越してはよくありません。

 

ダイエットをかねて休肝日を作り

スリムで健康な身体を手に入れて下さいね。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。