卵巣ガンに抗がん剤を使うと、費用は高くなる?!

この記事は4分で読めます

 

卵巣ガンは「サイレントキラー」と呼ばれます。

自覚症状がないまま、ガンが進行していきます

 

症状が出て、病院に行った時には、

卵巣ガンのステージが高くなっていることが少なくありません。

卵巣ガンが進行している場合、手術するだけでなく、

抗ガン剤を使用することがあります。

 

抗ガン剤の治療効果や副作用も気にかかりますが、

費用はどれくらいかかるのか?

健康保険が適用されるのか?

心配になりますね。

 

 

卵巣ガンの治療方法は?

abstract_multicolor_1920x1200

 

卵巣は親指ほどの大きさの臓器で、左右一対になっています。

靭帯(じんたい)で、子宮と後骨盤に固定されています。

 

卵巣には、良性・境界悪性(良性と悪性の中間)・悪性と、

さまざまな腫瘍が発生します。

 

卵巣腫瘍の85%は良性で、手術して摘出すれば完治します。

悪性の卵巣腫瘍を卵巣ガンと呼びます。

 

成長が速く、リンパ節や他の臓器に転移します。

卵巣ガンの治療は、手術が主体となります。

 

手術方法はガンの進行程度、つまりステージによりちがってきます。

手術しながら、摘出した組織を検査し、進行程度を確かめます。

ステージの確実な診断は、手術後に下されます。

 

ステージⅠの卵巣ガンは、片方または両方の卵巣にとどまっています。

ステージⅠでは、ガンの発生している卵巣を摘出します。

場合によっては、両方の卵巣・卵管・子宮を摘出します。

 

また、大小腸をおおう大網という脂肪組織を摘出します。

大網は、卵巣ガンが転移しやすいのです。

 

 

ステージⅡになると、ガンは卵巣から骨盤に広がります。

 

ステージⅡでは、両方の卵巣・卵管・子宮に加えて、

転移している骨盤腹膜、大網を摘出します。

直腸にガンが浸潤している場合は、直腸も切除します。

 

手術した検査の結果、ステージⅠ・Ⅱと確定すれば、

手術後、予防や治癒率を高めるために、化学療法を行うことがあります。

 

化学療法とは、さまざまな抗ガン剤を使用する治療のことです。

 

 

ステージⅢになると、ガンは腹膜から腹部リンパ節に広がっています。

 

ステージⅣになると、ガンは腹部から遠い臓器にまで広がります。

肝臓や腎臓、脊椎などの骨、時には脳にまで広がることがあります。

 

ステージⅢ・Ⅳになると、手術でガンを全部とることはできません。

 

体力が許せば、出来るだけ広範囲のガンを摘出します。

骨盤内の臓器を全摘出することもあります。

人工肛門や人工尿路を造る必要もあります。

 

しかし、卵巣ガンは腹膜にパラッと豆をまいたように広がるので、

全部とりきるのは、とても難しくなります。

 

そこで、手術後に化学療法(抗ガン剤治療)を行います

以前は放射線療法をよく行いましたが、

現在は、化学療法が主力とされています。

 

卵巣ガンと確定すれば、手術する前に化学療法を行い、

ガンを小さくしてから摘出することもあります。

 

 

抗ガン剤治療とは?

Castlevania_Lords_of_Shadow_Men_Human_back_Games_Fantasy_warrior_5439x3731

 

現在、さまざまな抗ガン剤が開発されています。

抗ガン剤を使用する治療を、化学療法といいます。

手術でとりきれない卵巣ガンには抗ガン剤を使います。

 

卵巣ガンは、比較的、抗ガン剤がよく効きます。

 

抗ガン剤は内服薬か、静脈注射で投与されます。

時には、腹腔内に直接注入することもあります。

いずれにしても、抗ガン剤は血液で全身に運ばれ、

ガン細胞を消滅させるために働きます。

 

抗ガン剤はガン細胞を消滅させますが、

正常な細胞にも大きなダメージを与えることがあります。

いわゆる副作用ですね。

 

しかし、抗ガン剤をくり返し使えば、

ガン細胞を完全に消すこともできます。

 

多少の副作用があっても、体力が許せば、

効果がある限り、抗ガン剤を使用してガンをたたきます。

 

抗ガン剤治療は、

ガンの状態や患者の年齢、ガン以外の持病により、異なります。

病状に最も効き目があると認められる抗ガン剤治療が、標準治療です。

ふつうは三週間を1コースとして治療が行われます。

 

しかし、ガンの進行状態や性質によっては、

標準治療では効果が十分でないこともあります。

その時は、患者さんの同意を得て、新薬を使うこともあります。

 

抗ガン剤の副作用としては、

血液中の白血球や血小板が減少したり、貧血が起きたりします。

吐き気や嘔吐があり、食欲が落ちます。

手足がしびれることもあります。

女性としてつらいのは、髪が脱けることですね。

 

副作用が起きても、それに対処することができます。

吐き気や嘔吐をおさえる薬もあります。

主治医に遠慮なく相談して下さいね。

 

 

抗がん剤治療の費用は、いくらかかる?

Money_dollar_bills_benjamin_franklin_bags_1920x1200

 

「抗ガン剤治療は、費用が高くつく」と思われがちですね。

でも、「高額療養費制度」があるので、

毎月かかる費用は、それほど高くなりません

 

高額療養費制度」とは、高額な医療を受けた場合、

毎月支払う医療費の上限が決められている制度です。

上限額は所得金額により異なります。

 

各健康保険組合や国民健康保険に加入していれば、

誰にでも適用されます。

 

 

ふつう抗ガン剤治療は、3週間1コースとして約12万円かかります。

ステージⅠやⅡの場合は、再発予防などのために行うので、

基本的には6コース、72万円ほどになります。

 

でも、高額療養費制度があるので、

平均的な所得であれば、月10万円を超えることはありません。

 

また、確定申告をして医療費控除を受けることもできます。

抗ガン剤治療は医療費控除の対象になりますから、

税金の還付金として戻ってきます。

 

ただし、高額療養費制度も医療費控除も、後から戻ってくるものです。

 

医療費が戻ってくるまでの資金が必要ならば、

高額医療費支給見込み金額の8割まで、無利子で貸してくれる

高額医療費貸付制度」があります。

 

 

まとめ:抗ガン剤治療は国の制度を活用して

 

 

卵巣ガンは沈黙のうちに進行します。

しかし、今は、効果的な抗ガン剤がいろいろあります

 

新薬の開発も日進月歩、たゆみなく行われています。

健康保険と高額療養費制度、医療費控除など国の制度を活用し、

ガンが完全に消滅するまで、抗ガン剤治療を受けて下さいね。

 

関連記事

  1. mood_gothic_women_females_models_face_eyes_pov_fantasy_leaves_babes_1680x1050
  2. EARTH_TO_ECHO_adventure_sci_fi_family_action_disney_earth_echo__1__1920x1200

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。