更年期のせい?それともうつ?違いは何?!

この記事は4分で読めます

45歳から55歳までの10年間くらいを、更年期といいます。

女性が性的成熟期から閉経期を迎える過程ですが、

どうしても快適には過ごせない時期です。

 

不快な日々が続くと、気分が落ち込んでしまいますね。

でも、その憂鬱な気分を「更年期」で片づけていいのでしょうか?

 

 

更年期の不快な症状とは?

red_hat_1920x1080

 

40歳を過ぎる頃から、卵巣機能が低下するため、

女性ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)の分泌が減少します。

そのため自律神経の働きが悪くなり、いろいろな症状が出ます。

 

身体症状としては

 

1 脈が速くなる・動悸がする・息切れがする

2 血圧が高くなったり、低くなったり、激しく変わる

3 顔や身体がほてったり、手足が冷えたりする

(ホットフラッシュとかスーカー病と呼ばれます)

4 腹痛・下痢・便秘

5 頭痛・めまい・耳鳴り

6 肩こり・腰痛・関節痛・しびれ

7 多量の汗をかく

8 口がかわく・喉(のど)がつかえる

9 頻尿(トイレが近くなる)

10 不眠(寝つきが悪い・眠りが浅く、よく眠れない)

11 疲労感(疲れやすい・身体がだるい)

12 生理不順

 

精神的症状としては

 

1 イライラする

2 情緒不安定になる(感情的になりやすい)

3 気分が落ち込んで、晴れない。

 

こうした症状が進み、日常生活に支障が起きるようになると、

更年期障害」と呼ばれるようになります。

 

身体的にも精神的にも、こんな症状が1つか2つあるだけで、

気分が落ち込んでしまっても、無理はありません。

 

でも、こんな症状がずっと続くわけではありません。

60歳になる頃には、スッキリしているはずです。

 

それに、10年間もがまんしている必要もありません

ちょっと面倒くさいかもしれませんが、

婦人科の医師に相談すると、いろいろな対症法を考えてくれますよ。

 

また、更年期障害と見える症状の背後に

重大な病気が隠れていることがあります

医師に相談するのは、早期発見早期治療につながります。

 

更年期の生理不順と、その背後に潜む婦人科系の病気については、

「更年期の生理不順」「生理が続く」などを見て下さいね。

 

関連記事:

え?これって更年期?!生理が長引いているけれど・・・

生理不順で出血が続くんだけど普通は何日くらいなの?!
 

憂鬱な気分は、本当に更年期のせいなの?

ocean_sea_sunset_sky_clouds_mood_women_females_girls_models_blondes_1920x1200

 

更年期というのは、人生の節目でもあります。

 

まず子育てが終わり、子供達は成人して巣立って行きます。

結婚して親元を離れたり、就職して独立したり、母親から離れます。

後に残された母親は、大きな喪失感を味わいます。(空の巣症候群)

 

そして、女性ではなくなる」という恐怖や不安に襲われます

これは、子供のいない女性・独身の女性も同じです。

 

体力や気力が低下して、老化に対する不安が生まれます。

老後の生活についても心配になってきます。

 

夫や自分の職場での地位が向上すれば、責任感がズシンと重くなり、

後輩が進出して、地位が逆転すれば、失望感が生まれます。

 

両親の介護の問題も出てきます。

最悪の場合、両親との別れもあります。

 

40代から50代にかけて、女性が抱える問題は多いのです。

 

こうした社会的・心理的なストレスが多くなるにもかかわらず、

女性ホルモンが減少してストレスに弱くなり、

感情がコントロールしにくくなって、精神的に不安定になります。

 

そのため、うつ病を発症しやすいのです。

更年期うつ病」といいます。

 

うつ病の症状は、更年期症状とよく似ています

 

身体的には

 

1 不眠 (時には睡眠過多の場合もある)

2 疲れやすい・身体がだるい

3 頭痛・頭が重い

4 腰痛・肩こり・背中の痛み

5 食欲がない (時には食欲が異常にある)

6 生理不順

 

 

精神的には

 

1 すぐに涙が出る(涙もろい)

2 気分の落ち込みが激しい。気持ちが沈んで晴れない。

3 人に会うのが面倒になる。何をする気にもなれない。

4 今まで好きだったことに関心を失う。何にも興味が持てない。

5 考えがまとまらない。判断や決断がにぶくなる。

人の言うことが理解できない

6 イライラしてあせる。

7 何でも悪い方に考えて、必要以上に自分を責める

8 生きていくのがつらいと思うようになる

 

 

更年期障害がうつ病をひきおこすこともありますし、

更年期障害とうつ病が合併して起こることもあります。

 

更年期うつ病になりやすいのは、

 

 まじめで、責任感が強い

 きちょうめんで、がんばり屋さん

 他人を思いやり、気配りがいい

 

優しくて頼りになる女性なのです。

 

 

更年期障害とうつ病、どうしたらいいの?

question_mark_3d_cg_digital_art_globes_sphere_pattern_texture_lights_glow_2635x1897

 

うつ病については、まだよくわかっていません。

長く続く強いストレス、身体の不調や痛み、

その人の持っているうつ病になりやすい性格などが合わさって、

うつ病を発症することが多いようです。

 

うつ病になると、脳内の神経伝達物質、

セロトニンとノルアドレナリンの量が減少します。

精神活動をつかさどる大脳前頭葉の血流や代謝が悪くなります。

 

単なる更年期障害では、このようなことはありません。

 

更年期障害から更年期うつ病になることは、少なくありません

 

うつ病は、自然に治るということは少なく、

放っておけば、だんだん悪くなります。

最悪の場合は、自殺することがあります。

 

更年期障害を軽くするために婦人科に相談するように、

心療内科の医師に相談して下さい。

 

今は、うつ病の薬もいろいろと開発されています。

こじらせてしまうと、治療も長くかかります。

 

できるだけ早めに相談して下さいね。

 

 

まとめ:更年期の気分の落ち込みは、更年期うつ病かもしれません。

 

 

更年期に入ると、気分が落ち込むことが多くなります。

 

でも、強いストレスを長い間受け続け、

気分の落ち込みが激しく、長く続くようならば、

更年期うつ病が起きているのかもしれません。

 

でも、更年期うつ病は一生続くわけではありません

 

更年期が終われば、ストレスも軽くなります。

それまでの間、医師の力を借りて、

できるだけ快適に過ごすようにして下さいね。

 

婦人科の医師も、心療内科の医師も、頼りになりますよ。

関連記事

  1. Woman_Girl_Beautyful_Face_Brunette_Field_1680x1050
  2. Summer_Grass_Hat_Dress_Girl_mood_brunette_3800x2500
  3. oriental_asian_brunette_sunlight_mood_women_females_girls_1920x1200
  4. beach_relax_sand_1920x1200

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。