更年期のうつ病患者の家族は自分の人生を生きてますか?

この記事は5分で読めます

お母さんや、伯(叔)母さん、姉妹達が、「うつ病」と診断されたら、

家族は、どうしていいかわかりませんよね。

 

うつ病を治すには、どうしたらいいの?

うつ病の人には、どう接したらいいの?

気をつかいすぎて、こっちの方がおかしくなりそう!

 

 

更年期障害? それとも更年期うつ病?

Devious_question_2560x1600

 

更年期は、卵巣機能が低下して女性ホルモンの分泌が減少するので、

いろいろな不快な症状に悩まされます。

 

更年期の症状については

別の記事にくわしく書いてますのでそちらを見てみてください。

 

関連記事:

更年期のせい?それともうつ?違いは何?!

生理不順の記事一覧 

 

 

更年期は不愉快な期間ですが、ずっと続くわけではありません。

個人差がありますから、女性は40歳~60歳のどこかで

更年期を迎えると考えればいいですね。

更年期が終わると、輝かしい60代70代が始まります

 

更年期は、社会的にも心理的にも強いストレスを受ける時期です。

それなのに、女性ホルモンが減少しているので、

ストレスに対する耐性が弱くなります。

 

激しく強いストレスに襲われたり、

強いストレスを長い間受け続けたりすると、

更年期うつ病」と言われる心の病気になることがあります。

 

更年期うつ病は、更年期障害によって起きることもあれば、

更年期障害と併発することもあります

(これについても詳しくは、上のリンクで詳しく書いてます。)

 

更年期障害と更年期うつ病は、症状がよく似ているので、

見分けが、むずかしいものです。

 

でも、家族がよく見ると、「おかしいな」と思うことがあります

 

更年期うつ病と疑うのは?

 

 朝がつらそうに見えます。起きるのがやっと、という状態です。

 笑わなくなります。顔が無表情になります。

 「迷惑をかけているわね」と、しばしば言います。

 わたしは何を「やってもダメだから」と、自分を責めます。

 口数が少なくなり、声も小さくなります

 

更年期症状にこのような状態が加わり、

長く続いて、少しも回復しないようなら、更年期うつ病かもしれません。

 

心療内科に行くのが一番いいのですが、

本人の気が進まないようなら、

婦人科でも内科でも、かかりつけのお医者さんに相談するといいですよ。

 

うつ病も他の病気と同じで、早期発見・早期治療が大事です。

こじらせると、その後の治療がむずかしくなり、長くかかります。

 

私の知人は、50代半ばで、進行性の胃ガンで御主人を失いました。

葬儀や相続など、すべて取りしきって、滞りなく済ませました。

半年が過ぎる頃から、彼女はまったく笑わなくなりました。

 

趣味のおけいこ事も休み、家で寝ていることが多くなりました。

「母の表情がない」ことに、同居していた娘さん夫婦が気づき、

すぐにかかりつけの内科医に相談しました。

 

彼女は軽いうつ病にかかっていましたが、

内科医の処方する薬を飲み、

娘さん夫婦やお孫さんに囲まれて、すっかり快復しました。

 

今は、独りで温泉旅行などに出かけて、上機嫌で暮らしています。

 

 

うつ病の人に言ってはいけない8つの発言とは?!

Skulls_minimalistic_signs_breaking_bad_walter_white_1920x1200

 

まず信頼できるお医者さんを見つけて下さい。

 

本人はもちろん、家族も信頼できないと、治療がうまくいきません。

最初のお医者さんと相性が悪いようなら、

セカンド・オピニオンを求めるのがいいですよ。

 

心のケアには、何よりも医師との信頼関係が大事です。

うつ病の人は神経過敏で傷つきやすくなっています。

 

うつ病の人に決して言ってはいけない言葉があります。

 

1 頑張ってね。頑張ろうね。

長い間頑張りすぎたため、心身ともに疲れ切ってしまったのです。

 

2 元気出してね。元気を出そうよ。

 

元気を出したくても出せないので、ストレスが増すばかりです。

 

3 甘えているんだよ。甘えるんじゃないよ

 

うつ病になる人は、真面目で責任感が強く、自分に厳しいのです。

「甘えている」と言われることほど、つらいことはありません。

 

4 いったい、どうしたのだ? これからどうするつもりだ?

 

病人自身が、どうしたのか、わからないのです。

どうすればいいのか、わからないのです。

 

5 早くよくなってね

 

病人自身、早くよくなりたいと、あせっています。

 

6 気合が足りない。気合を入れなさい。

 

どこかのプロレスラーのようなことを言われても、

病人は「気合の足りない」自分を責めるだけです。

 

7 辛いのは、あなただけじゃない

 

「更年期で悩むのは、あなた一人じゃない」と、つい言いたくなります。

でも、それは病人のストレスを増すだけです。

 

8 やろうと思えば、できる

 

ストレスがかかるばかりで、逆効果です。

 

うつ病の人に、励ましは禁物です。

 じっくりと話を聞いてあげて下さい。

 「そうね」「そうだね」と、共感して下さい。

 無理に明るくふるまう必要はありません

 しつこくまとわりつかず、向こうから話すのを待っていて下さい

 

うつ病の人は、何よりも家族の理解と愛情を求めています。

 

 

家族がすべき「ストレスをためない5つの事」とは?!

beach_relax_sand_1920x1200

 

うつ病の人を世話する家族にもストレスが溜まります。

世話をしている家族まで、うつ状態になってしまうことがあります

上手に、ストレスを解消して下さいね。

 

ストレスを溜めないようにするには?

 

1 禁句を言ってしまっても、自分を責めない

 

つい「元気を出してよ」などと言ってしまうことがあります。

次から気をつければいいのですから、くよくよ考えないで下さい。

 

2 できないことは、しない。ほどほどにする

 

何によらず、無理はいけません。

 

3 自分の時間を持つ

 

趣味でも習い事でも、何でもかまいません。

自分の人生を楽しんで下さい。

 

4 問題を独りでかかえこまない

 

うつ病の人には家族全員で接して下さい。

誰か一人に世話を押しつけないで下さいね。

押しつけられた人は、がまんしないで不満を吐き出しましょう。

 

5 お風呂にはゆっくり入る

 

ぬるめのお湯にゆっくりつかると、心身の疲れがとれますよ。

足湯も効果があるそうです。

 

 

更年期うつ病は一生続くわけではありません。

更年期が終われば、うつ症状も少しずつ改善しますよ。

 

 

「死にたい」発言のホントの意味とは?!

Frances_Bean_Cobain_Courtney_Love_Kurt_Cobain_nirvana_celeb_brunette_tattoo_monochrome_black_white_pose_women_females_girls_babes_sexy_sensual_gothic_style_hip_urban_face_eyes_1920x1200

 

うつ病の病人は、自殺する危険性があります。

 

「死にたい」

「私さえ死ねば、みんなが楽になる」

「みんなに迷惑をかけるより、死んだほうがいい」

 

病人が、こんなことを言い出したら、要注意です。

すぐに医師と相談して下さい。

 

「死にたい、死にたいと言って、死んだ者はいない」

というのは、ウソです。

 

「死にたい」と言うことで、助けを求めているのです。

病人のSOSに気づいて下さい。

 

もう一つ、

うつ病は落ち込んだ状態(抑うつ状態)ばかりではありません。

 

「躁うつ病」「双極性障害」と言われるように、

元気のよすぎる状態が現れることがあります

 

「うつ病」か、「躁うつ病」か、医師でも診断が難しいそうです。

軽い躁状態が現れた時、「回復した」「治った」と思いがちです。

 

ところが、うつ から 躁 へ、躁 から うつ へ

移行する時に、自殺することが多いのです。

 

急に元気になった時は、すぐに医師に相談して下さい。

 

 

まとめ 無理をしないで、のんびりと、うつ病とつき合って下さいね

 

 

更年期うつ病とつき合うのは大変な苦労です。

一ヶ月や二カ月で完治するような病気ではありません。

 

つき合う家族は、「そのうち治る」と、のんびりかまえて下さいね。

更年期うつ病は、決して一生続くものではありません。

 

関連記事

  1. Woman_Girl_Beauty_Nice_Face_Lying_Down_Redhead_Grass_1680x1050
  2. Woman_Girl_Beautyful_Face_Brunette_Field_1680x1050
  3. oriental_asian_brunette_sunlight_mood_women_females_girls_1920x1200
  4. mood_black_white_monochrome_women_females_girls_blondes_window_model_1920x1200

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。