腰痛で歩けない・・・突然のこんな症状は、もしかしたら重大な病気かも?!

この記事は4分で読めます

突然、腰が激しい痛みに襲われて、歩けなくなった・・・

 

いわゆる「魔女の一撃」、ギックリ腰に襲われると、

歩くどころか、身動きもできなくなりますね。

 

医者へ行きたくても、動けないのでは、どうしようもありません。

突然の腰痛、どうしたら、いいのでしょう?

 

スポンサードリンク

 

どんな時に突然歩けなくなるの?

mood_black_white_monochrome_women_females_girls_blondes_window_model_1920x1200

 

 

日常、なにげない動作をした時に、

突然、稲妻のような痛みが腰に走ります。

歩けないどころか、身動きもできなくなります。

 

これが、急性腰痛症です。

 

よく「ギックリ腰」と言われますが、俗称で、病名ではありません。

 

病院では、「腰椎捻挫」「筋・筋膜性腰痛症」などと言います。

 

 

急性腰痛症は、

 

 前かがみになって重い物を持ちあげた

 寒いところで、長い間、作業をしていた

 長い間、同じ姿勢で作業をしていた

 腰をひねった

 

 

こんな時に、起きることが多い?!

 

 うがいの水を吐き出した

 椅子から立ち上がった

 くしゃみをした

 

などという時に、起こることもあります。

 

 

私は、小さな軽い仔犬を抱き上げたとたん、

腰にギクッという音がして、動けなくなってしまいました。

 

電話をとった瞬間、腰痛に襲われた人もいます。

 

ふつうに生活していて、突然痛みに襲われるのです。

ですから、急性腰痛は、誰にでも起こり得る病気なのです。

 

 

 

急な痛みに襲われたら、どうすればいい?

Devious_question_2560x1600

 

 

突発的に激しい痛みに襲われ、歩くこともできない・・・

そうなると、あわてて、病院へ行こうとしますよね。

 

 

でも、ちょっと待って下さい。

 

急に激しい痛みがあるのは、

腰の周囲の筋肉が損傷したり、神経が圧迫されたりすることが、

原因となっていることが多いのです。

 

そんな時に、無理して動くと、悪化することがあります。

病院で、長く腰かけて診療を待っている間に、痛みが増してしまいます。

 

 

 

突然、腰に激しい痛みを感じたら?

 

 

1 横になって、安静にして下さい

 

 

できるだけ楽な姿勢で寝るようにしましょう。

横向きになって膝を曲げると、楽になることが多いようです。

 

 

2 氷やアイスノンで腰を冷やして下さい

 

 

冷湿布薬を使うといいですね。

 

 

3 温めてはいけません

 

 

激しい痛みがあるのは、炎症が起きているのです。

温めると、炎症がひどくなります、

「ギックリ腰は温めるといい」と、よく言いますが、

 

温めるのは痛みがひいてからにして下さい。

 

 

4 コルセットやサラシを強く巻いて下さい

 

 

腰を圧迫して固定すると、痛みが和らぎます。

「腰痛ベルト」なども、効果があります。

 

 

5 腰痛体操やストレッチなどは、痛みがひいてから、して下さい

 

 

 

外出先や職場で急激な腰痛に襲われたら?

 

 

1 できるだけ楽な姿勢になって下さい

 

2 じっとして、痛みが少しでも治まるのを待ちます

 

3 救急車を呼んで病院へ行くより、帰宅して下さい

 

 

急性腰痛になったら、とにかく安静第一です。

ふつうは、2~4日で激痛が軽減します

 

痛みが軽くなり、少し動けるようになってから、病院へ行って下さい。

安静第一と言っても、4日以上寝ているのは、かえってよくありません

 

スポンサードリンク

 

急な激しい腰痛は、重大な病気のサインかもしれません

Skulls_minimalistic_signs_breaking_bad_walter_white_1920x1200

 

 

突然の激しい腰痛は、80%以上が急性腰痛症で、

安静にしているだけで、2~4日もすれば、痛みが軽くなります。

 

しかし、

 

 1週間経っても痛みが少しも治まらない

 痛みがますますひどくなる

 どんな姿勢をとっても、痛みが軽くならない

 発熱している

 冷汗が出る

 足がしびれる

 

こんな症状がある時は、すぐに医者へ行って下さい

 

 

急激な腰痛は、急性腰痛症とは限らないのです。

考えられる病気としては

 

 

1 脊椎の病気

 

 

 腰部椎間板ヘルニア

 

左右どちらかの腰が痛くなり、足にしびれや痛みがある

 

 

 椎体骨折

 

骨粗鬆症によるもので、背が縮んだりする。高齢の女性に多い

 

 

 転移性脊椎腫瘍

 

ガンが脊椎に転移したもの。痛みがだんだん激しくなる

 

 

2 泌尿器の病気

 

 

 腎結石・尿路結石

 

腰の上から背中にかけて痛みがあり、腹部にまで広がる。

寝ても立ってもいられないほど痛む

 

 

 腎盂腎炎

 

腰痛が長く続き、脇腹まで痛む。

発熱、血尿、食欲不振。身体がだるい。

 

 

 

3 婦人科系の病気

 

 

 子宮内膜炎・子宮筋腫

腰だけでなく、背中まで激しく痛む。痛みがどんどん強くなる。

 子宮ガン

 卵巣ガン

 

 

4 その他

 

 

 胃・十二指腸潰瘍穿孔(かいようせんこう)

 急性膵炎

 腹部大動脈瘤(どうみゃくりゅう)

 

などがあります。

 

 

 

まず整形外科で相談してみて下さい。

レントゲンなどの検査で異常がないとなれば、

内科や婦人科で受診して下さい。

 

 

 

まとめ:まず安静にして、それから病院へ

 

 

 

突然、激しい腰痛に襲われて歩けなくなったら、

あわてず、安静にして、腰を冷やして下さい

 

2~4日経って、痛みが治まってから整形外科へ行きましょう。

 

数日経っても痛みがひかなかったり、

発熱やしびれなど、他の症状が出たりしたら、

すぐに病院に行って下さいね。

 

スポンサードリンク

関連記事

  1. Ariadne_Artiles_model_women_females_girls_sexy_babes_face_eyes_black_white_monochrome_1920x1200
  2. mood_roads_women_girl_1920x1080
  3. Women_redheads_models_lips_shoulders_sheer_clothing_white_lingerie_2560x1600

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。