生理痛の腰痛がひどくて歩けない・・・通常とは違う痛みは要注意?!

この記事は5分で読めます

ふだんは腰痛なんて感じもしないのに

毎月、生理になると、腰が痛くて歩けない・・・

座ったり、立ったりするのもつらい・・・

 

毎月、毎月、生理があるだけでも憂鬱なのに

激しい腰の痛みまであると、本当にイヤになりますね。

 

 

生理の時の激しい腰痛は、

なぜ起きるの? どうにか ならないの?

 

スポンサードリンク

 

生理の時に腰痛が起きる4つの原因とは?!

Nature_trees_forest_summer__season__spring__season__2560x1600

 

 

生理痛には、腹痛や頭痛がありますが、腰痛もその一つです。

 

ふだんから腰痛のある女性も少なくありませんが、

生理の時だけ腰痛が起きることも多いのです。

 

かなり激しい腰痛で、立ったり座ったりも思うようにいきません。

時には、歩けなくなるほど痛むこともあります。

 

 

生理時の腰痛の原因は、4つあると考えられます。

 

1 ホルモン・バランスが乱れる

2 血行が悪い

3 骨盤が歪んでいる

4 婦人科系の病気がある

 

 

1 ホルモン・バランスが乱れる

 

 

生理になると、月経血を排出するために、

いろいろな卵巣ホルモンが働きます。

 

リラキシンは骨盤を広げるために関節を緩める働きをします。

 

それで、生理の時は、骨盤が歪みます

そのため、腰の筋肉や骨に影響して、生理前から腰痛が出るのです。

 

プロスタグランジンは子宮を収縮させます。

このホルモンの分泌が多すぎると、子宮収縮がきつくなります。

 

そのため、腹痛や腰痛が起こります。

また、子宮収縮が腰椎の神経に伝わり、痛みを引き起こします。

 

 

2 血行が悪くなる

 

 

子宮の収縮がきついと、子宮がかたくなります。

血行が悪くなり、骨盤内にうっ血して腰痛を起こします。

 

 

3 骨盤が歪んでいる

 

 

骨盤が歪んでいると、腰痛が起きやすいのです。

生理の時は骨盤が歪むので、腰が痛くなります。

 

 

4 婦人科系の病気がある

 

 

子宮筋腫・子宮内膜症・子宮の奇形・子宮ガンなど

子宮に異常がある時には、通常とはちがう痛みがあります。

 

 あまりにも痛みが激しい

 生理後も激痛が続く

 

という時は、出来るだけ早く婦人科に相談して下さいね。

 

スポンサードリンク

 

腰痛を和らげる6つの方法

dandelion_blue_energy_cg_digital_art_manipulations_nature_plants_sci_fi_space_stars_psychedelic_1920x1200

 

 

生理痛ですから、全くなくすことはできませんが、

腰痛を軽くして、日常動作に支障のないようにすることができます。

 

 

1 身体を冷やさないようにして、温めましょう

 

 

生理中に腰痛の激しい女性は、「冷え症」が多いようです。

 

ホルモン・バランスの乱れも血行不良も、

身体が冷えると起きやすくなります。

 

身体を温めるようにして下さい。

特に腰を温めましょう

 

 

寒い時期は、腹巻やカイロを使うといいですよ。

カイロを腰に当てるだけでなく、下腹部にも当てます。

 

子宮を温めると、腰痛も楽になりますよ。

夏は冷房に注意して下さいね。

腰に冷気が直に当らないように工夫しましょう。

 

室温も下がりすぎないように、気をつけて下さい。

お風呂に入って、じっくり温まるのも効果があります。

 

 

夏はついシャワーで済ませてしまいがちですが、

やはり、お風呂に入る方がいいですよ。

 

冷え症については「内蔵型冷え症」に書いてあるので、見て下さいね。

 

関連記事:

 

 

2 身体を温める食事をしましょう

 

 

身体を温めるには、ショウガトウガラシなどがいいですよ。

 

ショウガ糖は風邪をひいた時にも効きますね。

お味噌汁にトウガラシを入れたり、

おろしショウガを加えたりしても効果があります。

 

 

夕食には、生野菜サラダより温野菜を食べるようにして下さい。

 

コーヒーなどのカフェインは身体を冷やします

白砂糖も、とりすぎはよくありません。

 

甘い物やスナック菓子は食べすぎないようにしましょう。

夏は冷たい飲み物にも注意して下さい。

 

 

3 コルセットなどで骨盤を固定しましょう

 

 

腰痛は生理の時だけで、ふだんは何でもないという女性も、

 

コルセットやテーピング、腰ベルトで、

骨盤を固定すると、腰痛が楽になります。

 

骨盤のゆがみは、放置しておくと、だんだん悪くなります

 

骨盤を固定して、正しい姿勢で歩くと、痛みが軽くなりますよ。

 

 

4 便秘しないようにしましょう

 

 

生理の時は、子宮全体が少しはれているのです。

 

そのため、腸や骨盤、腰椎を圧迫して、便秘しやすくなります

便秘すると、血行が悪くなって、腰痛がさらにひどくなります。

 

 

また、便秘は排泄時に腰の負担を大きくします

繊維質の多い、バランスのとれた食事をして下さいね。

水分をたっぷりとるのも、便秘にはいいですよ。

 

 

5 長時間、同じ姿勢を続けないようにしましょう

 

 

長時間、立ち続けたり、同じ姿勢で座り続けたりすると、

腰への負担が大きくなりすぎます。

 

また、長い間、同じ姿勢で座っていると、血行が悪くなります

血行不良は腰痛のもとですから、

時々立ち上がって、身体が凝り固まらないようにして下さいね

 

できれば、軽いストレッチなどすると、いいですよ。

 

 

でも、生理時の腰痛がひどい時は、動作もスムーズにはいかないし、

出血や腹痛もひどいものです。

 

無理してストレッチなどするのは、やめましょう。

 

座ったまま、首や肩、腕などを動かし、

足首を回したり、足を上下に動かしたりするだけでも、

血流がよくなりますよ。

 

 

6 ハイヒールはさけましょう

 

 

ヒールの高い靴は腰の負担が大きくなります。

生理時に歪んでいる骨盤をさらに歪めてしまいます。

 

そうなると、生理が終わっても、腰痛だけが残ることになりかねません。

 

フラットな靴にしただけで、腰痛が少し楽になりますよ。

 

 

それから、足に合わない靴を履かないで下さい。

靴が足に合わないと、歩き方が悪くなり、腰に負担がかかります。

 

歩き方が悪いと、骨盤も歪んできます。

生理が終わっても、腰痛が残るようになってしまいます。

 

 

私は、若い頃、足に合わないハイヒールを履いていました。

立仕事だったので、よく足が痛くなりました。

 

若さに任せて「根性で靴に足を合わせる」と言っていましたが、

三十代初めに外反母趾をひどくして、

今は、運動靴以外、履けなくなりました。

 

四十代頃から、腰痛がひどくなり、

七十近い現在、慢性的な腰痛に悩んでいます。

 

 

 

この6つの方法の他にも、

「ツボを押す」という方法で腰痛を軽くすることもできますが、

素人が「ツボを押す」のは難しいと思います。

 

カイロで温める」ことで「ツボを押す」代わりになるので、

そちらの方が、簡単だし、無難ですね。

 

 

 

まとめ 生理痛の腰痛は、とにかく温めて

 

 

 

生理痛の腰痛は、特に病気ではありません。

 

身体を温め、腰に負担をかけないようにすれば、

少し楽になります。

 

でも、我慢できないほど痛かったり、

突然、しびれて、歩けなくなったりした時は、

すぐに婦人科医に相談して下さいね。

 

何か重大な病気が隠れているかもしれません。

 

スポンサードリンク

関連記事

  1. Women_redheads_models_lips_shoulders_sheer_clothing_white_lingerie_2560x1600
  2. girl_paint_color_art_drawing_1920x1080
  3. Ariadne_Artiles_model_women_females_girls_sexy_babes_face_eyes_black_white_monochrome_1920x1200

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。