歯周病の予防が大事!!!予防のための薬は効果あるの?

この記事は4分で読めます

「日本人の7割が歯肉(歯茎)に異常があり、

中高年の8割が歯周病にかかっている」と、言われます。

 

 

進行すれば、歯槽膿漏(しそうのうろう)になり、

歯が抜けてしまいます。

 

 

入れ歯やインプラントは費用も高いし、面倒だし・・・絶対、いや!!

 

 

歯周病にならないように、予防するのが一番ですね。

 

では、どうすれば、歯周病を予防できるのでしょうか?

歯周病を予防する薬はあるのでしょうか?

 

 

 

歯周病予防は歯垢を取り除くこと?!

Minimalistic_design_d_2560x1600

 

 

歯周病細菌感染によってひきおこされる炎症性の病気です。

 

歯肉(歯茎)の炎症が、歯周組織に広がり、

歯を支えるあごの骨や歯根膜が壊れて、歯が抜けてしまいます。

 

 

口の中に食べ物のカスが残っていると、

ネバネバしたプラーク(歯垢)となって、歯にくっつきます。

 

プラーク(歯垢)1㎎の中には10億個の細菌が住み着いています。

しかも、歯垢の中には、歯周病をひきおこす細菌が多いのです。

 

 

歯垢は、歯の表面や歯と歯肉の間(歯肉溝)に溜まります。

 

放っておくと、歯垢は硬くなり、歯石となります。

歯石の中で細菌は増え続け、毒素を出し続けます。

 

 

【関連記事:歯周病に効く歯磨き粉と医薬品は?インチキ商品つかまされてない?

 

 

 

歯周病にならないためには、

歯垢を取り除いて、溜めないようにすればいいのです。

 

 

 

歯周病予防は歯磨きが基本?!6つの基本知識とは?

Toothbrush_nisemonogatari_araragi_karen_2560x1440

 

 

歯が生えた時から、歯垢もできはじめます。

 

歯垢は、歯周病だけでなく、虫歯の原因にもなります。

歯が生えた時から、歯磨きが必要になるのです。

 

 

 

1:歯磨きは1日に何回すればいい?

 

 

できれば、毎食後、歯磨きをしてください。

 

でも、仕事や育児に追われると、

毎食後、ていねいに歯を磨く暇などありませんよね。

 

雑な歯磨きでは、歯垢は取れません。

 

昼食後は、

殺菌力のある水歯磨き(マウスウォッシュ)で口をゆすぐ程度にして

夜、就寝前に、ていねいに歯磨きすれば、予防効果はあります。

 

 

 

2:歯ブラシは、電動歯ブラシの方が優れているの?

 

 

電動歯ブラシの効果については、

歯医者さんによって評価がちがいます。

 

歯医者さんの意見をまとめると、

特に電動歯ブラシを使う必要はありません。

 

 

むしろ、

 

「電動歯ブラシだけでは、歯垢はとれない」

 

という意見が多いようです。

 

 

電動歯ブラシと一緒に、

普通の歯ブラシやデンタルフロス、糸ようじなどを使ってください。

 

また、電動歯ブラシを使いすぎると、

歯がすり減ったり、知覚過敏になったりするので、注意してくださいね。

 

 

 

3:どんな歯ブラシを使えばいいの?

 

 

口の中の様子は、人それぞれでちがいます。

 

歯医者さんと相談して、自分に合う歯ブラシを見つけることが大事です。

歯ブラシはやわらかすぎても、かたすぎても、よくありません。

 

磨き方も歯並びに合わせて、ちがいます。

歯医者さんで、「正しい歯磨きのしかた」を教わるといいですよ。

 

歯と歯の間や歯肉溝の歯垢は、歯ブラシだけでは取り除けません。

デンタルフロス糸ようじを使ってくださいね。

 

 

 

4:予防効果のある歯磨き粉は?

 

 

基本的には、どの歯磨き粉も成分は同じです。

 

使い心地のいい歯磨き粉を使ってください。

歯垢を取り除くことが大事なのです。

 

歯垢をしっかり取り除いた後ならば、

殺菌力のある歯磨き剤は予防に役立ちます。

 

 

 

5:水歯磨き(マウスウォッシュ)に予防効果はないの?

 

 

歯をしっかり磨いて、歯垢を取り除いた後ならば、

殺菌力のあるマウスウォッシュは効果があります。

 

 

 

6:1日3回歯磨きしていれば、歯医者に行く必要はない?

 

 

どんなにていねいに歯磨きしても、歯垢は全部取りきれません。

歯磨きでは、歯石を取り除くことができません。

 

定期的に歯医者さんで、歯垢と歯石を取り除いてもらってください。

 

 

 

 

歯周病予防の薬はあるの?

dandelion_blue_energy_cg_digital_art_manipulations_nature_plants_sci_fi_space_stars_psychedelic_1920x1200

 

 

歯周病は、口の中の細菌・真菌・原虫などの感染症ですから、

これらの菌が増殖しないようにすれば、予防になるわけです。

 

最近の研究で、

 

歯垢にはカンジダ菌が多い

 

という説があります。

 

 

そのため、

歯磨き粉と一緒に「抗カビ剤」を使うことを勧める歯科医もいます。

歯周病専門の歯科医に相談すると、いいですよ。

 

 

「歯周内科」が歯周病専門医です。

その時、必ず「副作用」について説明を求めてください。

予防薬が効かない人もあります。

 

 

 再生不良性貧血など血液の病気がある

 ヘビースモーカー

 栄養失調

 虫歯が多く、治療をしていない

 

 

こういう人は、予防薬だけでなく、

歯周病治療薬のジスロマックも効かないようです。

 

 

 

まとめ:歯周病の予防は、正しい歯磨きから

 

 

 

歯周病の原因となる歯垢を取り除くには、

毎食後の正しい歯磨きが欠かせません。

 

そして、定期的に歯科医で検診を受けて、

歯石を取り除いてもらうことで、歯周病は予防できます。

 

8020運動というのがあります。

 

80歳になっても、自分の歯を20本残そうというものです。

 

 

自分の歯で食事ができると、

「寝たきり老人」にもなりにくいようです。

 

また、糖尿病にかかっている人やストレスの多い人は、

歯周病になりやすいといわれています。

 

歯磨きだけでなく、全身の健康管理が大事ですね。

 

関連記事

  1. brunettes_women_open_mouth_red_lips_2560x1600
  2. art_artistic_paintings_mood_emotion_happy_fun_run_motion_balloon_seascape_beaches_sea_ocean_waves_sky_clouds_color_women_female_girl_swimwear_1920x1200
  3. mirrors_smiley_smiley_face_smiling_2560x1600
  4. BLACK_END_WHITE___female_belly_body_sweat_drops_1600x1200

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。