貧血のつらい症状は生理だけが原因だと思ってないですか?

この記事は4分で読めます

 

日本の女性の65%が貧血、または貧血ぎみと言われます。

やはり、毎月の生理に関係があるのでしょうか?

 

 

確かに、生理は貧血症状の一因に違いありません。

 

でも、貧血の原因は、それだけではありません。

 

 

「女性だから、貧血はしかたがない」

 

 

と、諦める女性がいるかもしれません。

 

でも、貧血は放っておくと、生命の危険を招くことがあります。

 

 

スポンサードリンク

 

貧血と言っても5種類ある。あなたはどの可能性が高い?

Devious_question_2560x1600

 

 

貧血とは、血液が少ないことではありません。

 

 

血液が運ぶ酸素の量が少なくて、酸素不足になっている状態です。

 

貧血にもいろいろあります。

 

 

1 :鉄欠性貧血

 

貧血の70%が「鉄欠乏性貧血」です。

 

血液成分の1つに赤血球があります。

 

赤血球にはヘモグロビンというタンパク質が含まれています。

酸素はヘモグロビンと結びついて、全身に運ばれます。

 

ヘモグロビンの主成分は鉄分です

 

そのため、赤血球を造るには、大量の鉄分を必要とします。

 

 

食事で十分な鉄分が取れなかったり、体内の鉄分が減少したりして、

鉄分が不足すると、

赤血球が十分に生産されず、ヘモグロビンの量も少なくなります。

 

 

それで、血液が運ぶ酸素量も低下して、酸素不足になります。

 

 

女性は毎月の生理で17㎎~40㎎の鉄分を失います。

鉄分が欠乏しても、不思議はありませんね。

 

 

 

2 :失血性(出血性)貧血

 

 

これには、急性と慢性があります。

 

急性失血性貧血とは、

大ケガや手術で、大量の血液を失った時になります。

 

慢性失血性貧血とは、

長期間、出血が続いて血液を失うことです。

 

 

 月経過多・子宮筋腫・子宮内膜症がある場合

 痔疾や胃潰瘍、ガンなどによる場合

 

 

少量の出血が続き、ヘモグロビン中の鉄分が減少します。

 

慢性失血性貧血は、結局、鉄欠乏性貧血に移行します。

失血性貧血は、女性だけでなく男性にも起こります。

 

 

 

50代半ばを過ぎた閉経後の女性が貧血になる場合、

慢性失血性貧血のことが多くなります。

 

胃潰瘍やガンなどの出血を疑ってくださいね。

 

 

 

3 :続発性貧血

 

 

心臓・肝臓・腎臓・肺などの疾患、リウマチ、寄生虫などの感染症

このような病気のせいで起こる貧血です。

 

 

 

4 :再生不良性貧血

 

 

骨髄の造血機能が低下して、すべての血液成分が不足します。

赤血球・白血球・血小板が不足します。

 

 

 

5 :溶血性貧血

 

 

赤血球が破壊されて、貧血になります。

 

 

 

 

貧血による6つの症状が。あなたはいくつ当てはまる?

red_hat_1920x1080

 

 

貧血は酸素不足の状態です。

酸素が不足するので、

 

 

 

1 :動悸がひどくなります。

 

 

全身に運ぶ酸素量が少ないので、

心臓がより多くの血液を送り出そうと、速く動きます。

 

心臓に負担がかかり、しだいに機能が低下します。

 

最終的には心不全となり、生命の危険を招きます。

 

 

 

2 :息切れがします

 

 

酸素の摂取量を多くしようと、呼吸数が増えます。

息切れを感じるようになります。

 

肺にも負担がかかります。

 

 

 

 

3 :めまいや頭痛が起こります

 

4 :疲労感が強い。身体がだるい

 

 

歩くのもフラフラして、つらいことがあります。

 

 

5 :顔色が青白くなります

 

 

顔だけではありません。

身体全体の皮膚・歯茎・結膜・爪・唇の色が青白くなります。

 

 

 

6 :幻覚や異食症が起きることもあります

 

 

皮膚を虫が這いまわるような感じがする人もいます。

氷をやたらにかじったり(氷食症)、普通は食べない物を食べたりします。

 

 

 

 

貧血だと思ってたら、実はガンだった?!

dandelion_blue_energy_cg_digital_art_manipulations_nature_plants_sci_fi_space_stars_psychedelic_1920x1200

 

 

貧血は放置しておくと、生命に関わる危険があります。

 

女性は5人に1人が「貧血予備軍」と言われるほど貧血が多いので、

「お医者さんに行くほどのことはない」と、思いがちです。

 

 

けれど、貧血が起きる原因は「生理」だけではありません。

 

 

 

子宮筋腫などの婦人科系の病気や、

胃潰瘍などの消化器系の病気が原因のこともあります。

 

 

よくあるのは、ガンによる貧血です。

 

【関連記事:生理不順で出血が続くんだけど普通は何日くらいなの?

 

 

 

貧血の症状があるならば、

できるだけ早く内科医に相談してくださいね。

 

検査を受けて、貧血の原因がはっきりすると、

治療の方法もわかります。

 

内科で治療を続けることもありますし、

婦人科で診てもらうように勧められることもあります。

 

 

 

特に、閉経後の女性は、貧血に注意してくださいね。

 

 

毎月の生理による貧血ではありません。

何か病気があって、貧血が起きていることが多いのです。

 

 

 

私の母は、

56歳で乳ガンになった時も、78歳で食道ガンになった時も、

めまいや動悸など、貧血の症状がありました。

 

血液検査でも、はっきり貧血の数値が出ました。

 

それで、ガンに気づいて、治療を受けました。

乳ガンは完治して、再発することもありませんでした。

食道ガンも10年間、再発しませんでした。

 

 

 

まとめ

 

 

 

「貧血かな?」と思ったら、お医者さんに相談してくださいね。

 

貧血の背後に、重大な病気が潜んでいることがあります。

貧血は、生命に関わる恐ろしい病気なのです。

 

関連記事

  1. mood_gothic_women_females_models_face_eyes_pov_fantasy_leaves_babes_1680x1050
  2. brunettes_women_close_up_blue_eyes_faces_1600x900
  3. Vera_Brezhneva_women_females_girls_models_music_blondes_babes_sexy_sensual_sunlight_sleep_bed_1920x1200
  4. pencil_dill_paprika_Book_garlic_bay_leaf_1920x1200 (1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。