老眼鏡の選び方は度数が進むたびに買いなおすのか?!

この記事は4分で読めます

 

「老眼鏡をかけるなんて・・・」

 

年をとった証拠みたいで、気が進まないという人もいますよね。

 

 

でも、無理して老眼鏡を使わないでいると、

目が疲れたり、頭痛がしたり、肩がこったり、不愉快なことばかり。

 

どうしたら、自分に合った老眼鏡が作れるのでしょう?

 

老眼が進むと、度数も変わります。

老眼鏡は、しょっちゅう、作り変えなければいけないのでしょうか?

 

 

 

老眼鏡を作る時は、まず眼科へ行きましょう

girl_paint_color_art_drawing_1920x1080

 

 

40歳から45歳くらいになると、近くが見えにくくなってきます。

 

老眼が自覚されるようになります。

 

近視の人は、もう少し遅くて、50歳を過ぎる頃から、老眼が始まります。

 

 

※老眼の原因や症状については、

老眼の症状でまぶしい?それとも他の病気が原因??」に

くわしく書いてあるので、見てくださいね。

 

 

 

老眼が自覚されているのに、がまんしていると、

頭痛がしたり、肩こりがひどくなったりします。

 

目が疲れて、読書やパソコンの使用がつらくなります。

 

老眼鏡を早くから使っても、老眼が進むことはありません。

 

老眼鏡を使わないでいると、目の疲れが進み、

眼精疲労になってしまいます。

 

 

目のためには、老眼鏡を使う方がいいのです。

 

老眼鏡を作るには、メガネ屋へ行けばいいと考えますよね。

 

メガネ屋へ行く前に、眼科を受診する方が安全です。

 

 

老眼を自覚する年齢、40~50歳になると、

目の成人病にかかることが多くなります。

 

 

見えにくくなっているのは、眼病のせいかもしれません。

 

老眼と眼病が併発することもあります。

 

 

目の成人病とは

 

 

・白内障

 

・緑内障

 

・糖尿病網膜症

 

・網膜剥離

 

・加齢黄班変性症

 

 

 

 

などがあります。

 

 

放置しておくと、視力を失うこともあります。

 

老眼の検査とともに、眼病がないか、調べてもらうといいですよ。

眼科では、眼圧検査・視界検査も行います。

 

 

こうして左右の視力・老眼の進行具合をよく調べて、

眼科医は老眼鏡の処方箋を書きます。

 

眼科医の処方箋をもらって、メガネ屋へ行ってくださいね

 

 

 

老眼鏡の種類は3つ!それぞれの長所短所とは!?

bokeh_mood_books_read_pages_flowers_butterfly_fantasy_1920x1200

 

 

老眼鏡には、三種類あります。

 

 

1 近用専用眼鏡

 

2 遠近両用眼鏡・二重焦点レンズ

 

3 遠近両用眼鏡・累進レンズ

 

 

 

それぞれ長所・短所があります。

 

 

 

1 近用専用眼鏡

 

 

焦点を近くに合わせるので、近くがよく見えます。

 

遠くや中間距離がよく見えません。

 

視野が全方向に広がっています。

横目使いをしても、きれいに見えます。

 

かけたり、はずしたりするので、面倒です。

 

 

 

2 遠近両用眼鏡・二重焦点レンズ

 

 

レンズに境目があります。

 

遠くは見えますが、中間距離は見えにくくなります。

レンズの境目で、像が飛びます。

 

視野は、縦がせまく、横が広くなります。

 

横目使いをすると、物が二重に見えます。

 

 

 

3 遠近両用眼鏡・累進レンズ

 

 

レンズに境目がありません。

 

遠くも中間距離も見えます。

 

視野は縦がせまく、横が広くなります。

横目使いをすると、像がゆがみます。

 

 

 

遠方を見ることが多い人、

手元を見て作業することが多い人、

遠くを見たり、近くを見たりする人、

それぞれ、使い勝手のいい老眼鏡がちがってきます。

 

レンズの特色と自分の必要性をよく考えて

眼科医と相談してくださいね。

 

 

 

老眼鏡は、度数が進むたびに作り直すの?

question_mark_3d_cg_digital_art_globes_sphere_pattern_texture_lights_glow_2635x1897

 

 

老眼は年齢とともに進行し、焦点が次第に遠くなります。

 

老眼の進み具合に合わせて、眼鏡も調整する必要があります。

 

 

しかし、老眼はゆっくりと進行します。

 

しかも、老眼が進行するのは、65~70歳くらいまでです。

 

 

70歳頃には老眼が完成して、それ以上は進みません。

 

 

 

ですから、老眼の進行に合わせて眼鏡を作るにしても、

毎年とか、隔年とか、ひんぱんに作り変える必要はありません。

 

 

ふつう、老眼鏡を作り変えるのは、一生に4~5回程度と言われます。

 

5~7年に1回程度ですむようです。

 

 

物が見えにくくなるのは、老眼のせいばかりではありません。

 

50歳を過ぎる頃から、目の成人病も起きやすくなります。

眼病も、他の病気と同様、早期発見が大事です。

 

 

そのために、定期的に眼科検診を受けるといいですね。

老眼の進み具合とともに、眼病の有無がわかります。

 

 

 

まとめ:老眼鏡は、眼科医で処方箋をもらってくださいね

 

 

 

老眼の症状が出てきたら、がまんしないで老眼鏡を作りましょう。

 

その方が目も疲れないので、毎日が快適に過ごせます。

老眼鏡を作る時は、まず眼科医に相談してください。

 

眼科医に適正な処方箋をもらって、メガネ屋へ行くといいですよ。

 

そして、定期的に眼科検診を受けてくださいね。

関連記事

  1. Light_water_close_up_nature_rain_wet_hanging_water_drops_macro_depth_of_field_bulbs_string_rain_on_glass_1920x1200
  2. animals_dogs_glasses_puppies_hipster_2560x1600
  3. Clear_vision_2560x1600
  4. DEEPIKA_PADUKONE_indian_film_actress_model_bollywood_babe__64__4252x3189

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。