脂肪肝に良い運動は自転車が手軽?!

この記事は4分で読めます

「脂肪肝」と診断されると、「生活改善」をすることになります。

 

お酒を控えて(あるいは、禁酒して)、

食事の量を減らして、甘い物と脂っこい物を控える。

 

そして、運動。

 

 

毎日、早起きしてウォーキングかスロージョギング30分

考えるだけでウンザリしてしまいますね。

 

でも、自転車を使えば、手軽に運動できるうえに、

交通費のダイエットにもなりますよ。

 

 

 

体重を減らすか?脂肪を減らすか?

 

 

脂肪肝とは、肝臓に脂肪がたまって、肝機能が低下する病気です。

 

脂肪肝が進行すると、脂肪性肝炎になり、

肝炎が慢性化して肝硬変となり、さらには肝癌になることもあります。

 

※脂肪肝の原因や症状、治療法については、

脂肪肝の治療にかかる期間は?

「脂肪肝のダイエット効果を上げるには?」

にくわしく書いてあるので、見てくださいね。

 

 

脂肪肝の治療は、食事療法と運動療法です。

投薬で治すことはできません。

 

 

食事療法と運動療法で、肝臓の脂肪を減らします。

脂肪肝の原因の1つは

 

「肥満=食べすぎ」です。

 

ですから、すぐ「瘦せればいい」と思ってしまいます。

 

 

ところが、無理な食事制限をすると、

体重は減りますが、脂肪肝は治らず、むしろ悪化してしまいます。

 

 

脂肪肝の治療で大事なことは、

体重を減らすことではなく、体脂肪を減らすことなのです。

 

体脂肪を減らすには、

摂取カロリーより、消費カロリーが多くなれば、いいのです。

 

 

消費するカロリーが多ければ、蓄積された脂肪を燃やして、

必要なエネルギーに変えます。

 

必要なカロリーは、年齢・性別・生活状態でちがいます。

 

※カロリーについては、

「脂肪肝のダイエットは、どんな食事?」に

くわしく書いてありますから、見てくださいね。

 

 

 

自転車で脂肪を減らせるか?

 

 

食事制限には限度があります。

 

無理な食事制限をすれば、脂肪肝が悪化するだけでなく、

他の病気にもかかりやすくなり、治りにくくなります。

 

 

そこで、ふつうの生活に必要なカロリーを知り、

それに見合った食事をするようにします。

 

これなら、瘦せも太りもしません。

 

 

そして、運動で、消費カロリーを増やすのです。

消費カロリーが増えた分、体脂肪が減ります。

 

50代から60代の女性で、ふつうの生活をしていれば、

1日に1900㎉程度必要ですから、

かなり豊かな食事をすることができます。

 

同年代の男性なら、2600㎉程度必要とします。

食事制限で、悲観することはありません。

 

 

では、

 

「運動で、どれくらいカロリーを消費できるでしょう?」

 

脂肪を燃やさなくてはならないので、

有酸素運動をしないと、効果はありません。

 

体重65kgの男性ならば

ゆっくり1時間歩いて180㎉、急ぎ足で1時間歩いて320㎉

階段の上り下りを1時間続ければ394㎉消費できます。

 

体重50kgの女性であれば、

ゆっくり1時間歩いて140㎉、急ぎ足で1時間歩いて250㎉

階段の上り下りを1時間続ければ310㎉消費できます。

 

 

1kg体重を減らすには、7000㎉消費しなければなりません。

 

 

体重50kgの女性なら、28時間も歩くことになります。

第1、 1時間も急ぎ足で歩き続けることなどできません。

 

ところが、自転車は、体重50kgの女性が、

時速20kmで1時間こぐと、400㎉消費できます。

 

自転車なら、1時間くらい走ることは、それほどきつくありません。

 

 

しかも、特に「運動する時間」を作ることもありません。

通勤や通学、買物や外出に、自転車を使えばいいのです。

 

通勤距離にもよりますが、

通勤に60~90分かかるとすれば、400~600㎉消費できます。

 

往復で800~1200㎉も消費できるのです。

自転車通勤を続ければ、6~9日間で体重を1kg減らせる計算です。

 

 

自転車運動は有酸素運動です。

30分以上続けないと、体脂肪を減らすことはできません。

 

通勤や外出に自転車を使えば、簡単に30分以上有酸素運動ができます。

 

 

通勤先や外出先が遠い場合は、

途中の乗換駅まで自転車で行くと、無理がありません。

 

60~90分走る距離で、駐輪場のある駅を見つけて、

そこまで行ってもいいですね。

 

自転車は何でもかまいません。

カッコ悪くても、ママチャリ・オバチャリでもいいのです。

 

性能が悪ければ、人力に頼りますから、消費カロリーが大きくなります。

 

通勤費・外出の交通費が減るので、お財布にもうれしいですね。

下半身を使いますから、下腹部や足首をひきしめる効果もあります。

 

 

 

自転車運動の6つの注意点

 

 

自転車ダイエットは、いいことづくめのようですが、

いくつか注意したいことがあります。

 

1 食事の量を増やさない

 

自転車に乗っていると、お腹がすくかもしれません。

「運動しているから」と安心して、つい食べ過ぎることがあります。

 

 

2 最初から遠距離を走らない

 

しばらく自転車に乗っていない人は、まず近所を走ってください。

少しずつ走行距離を延ばすようにしましょう。

無理は禁物です。

長続きしません。

 

 

3 交通事故に注意する

 

自転車をこぐ爽快感から、ついスピードを上げてしまいます。

通勤に使う時は、道路も混雑するので、気をつけてくださいね。

自転車の整備も忘れないでくださいね。

 

 

 4 日焼け防止をしっかりする

 

自転車で外出する時は、紫外線対策を忘れないでください。

 

 

5 体重が減らなくても、気にしない

 

筋肉がつくので、ある時点から、体重が減らないこともあります。

しかし、脂肪は確実に減っています。

しかも、筋肉がつけば、消費カロリーも大きくなります。

 

 

6 持病のある人は、医師に相談

 

心臓などに持病のある人は、

自転車ダイエットを始める前に、必ず医師と相談してくださいね。

 

 

 

まとめ:自転車ダイエットで脂肪肝に「さようなら」

 

 

自転車に乗ると、脂肪を減らして、交通費も節約できます。

下腹やウエストがスッキリして、スタイルもよくなります。

 

春や秋には、遠くまでサイクリングをして楽しめますよ。

 

 

関連記事

  1. women_females_girls_models_style_fashion_babes_sensual_1920x1080
  2. mood_girl_boy_woman_man_couple_couple_love_3880x2590
  3. eggs_food_fish_bread_forks_asparagus_1920x1200

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。